英ダイソン、新型の人工呼吸器生産へ 政府の依頼受け10日で設計

ロンドン(CNN Business) 英家電メーカーのダイソンが、新型コロナウイルス感染症の患者の治療に使用するため、新型の人工呼吸器を生産する見通しであることが27日までにわかった。政府の依頼を受けてから10日間で設計した機器で、保健当局の取り組みを支援する。

ダイソンの創業者で富豪のジェームズ・ダイソン氏は25日、従業員あての書簡で政府から受注があったことを確認。英国をはじめとする世界各国で人工呼吸器が不足している現状に言及した。

そのうえで10日前にジョンソン首相から依頼を受け、新たな人工呼吸器を一から設計、製造したと述べた。ダイソン氏によると「CoVent」と名付けられたこの製品は、迅速かつ効率的に大量生産することが可能。また新型コロナウイルス感染症の患者に特化して対応できるよう設計されているという。

ダイソンの広報担当者は、4月初めまでにCoVentの使用態勢が整うとの見方を示した。政府からの注文は1万台だったが、ダイソン氏はこれに加え、各国のウイルス対策のために5000台を寄付するとしている。

感染力の高いウイルスの蔓延(まんえん)で患者が急増する中、世界の多くの地域では医療従事者がマスクや手袋、人工呼吸器といった器具の不足に悩まされている。

英国では掃除機や芝刈り機のメーカーとして知られるジーテックも人工呼吸器の製造に取り組み、現在2種類の試作品を政府に提出して審査を受けている。

突然テレワーク導入が決まった企業を襲う”セキュリティとネット”の課題 一元管理ツールで不安を解消

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、ITを活用して自宅などで仕事をする「テレワーク」の導入がにわかに進んでいる。一方で、急にテレワークを取り入れた企業や団体も多く、セキュリティや通信環境といった面での課題も浮き彫りになっている。こんなときだからこそ、従業員が使う社用端末や通信環境の管理には一層の配慮が必要だ。

 在宅勤務といえば「BYOD」(私物端末の業務利用)といった手段もあるが、テレワークを本格的に実施するならコストをかけてでも専用の社用PCを支給するべきだ。セキュリティリスクが低く、安定した作業効率を見込めるだろう。PC操作の履歴確認やUSBフラッシュメモリなど記憶媒体の使用制限が行える仕組みを導入すれば、業務時間や作業内容が正確に把握できる他、不適切なデータの持ち出しも防げる。

 業務で使われるPCが接続するネットワークも重要だ。従業員が自宅に固定回線を引いているのが理想だが、そうでない場合はモバイルWi-Fiルーターなどを支給する必要がある。通信量が多いWeb会議などが続くと通信制限に引っ掛かることもあるので注意が必要だ。いずれにせよ、安全な接続を確保するためにVPN接続環境を検討すべきだろう。

 これら数々の課題に対処しながら多数の社用PCを管理するには、PCの稼働状況や通信を統合的に管理できるSkyのクライアント運用管理システム「SKYSEA Client View」が役立つ。USBフラッシュメモリへの書き込み制限機能やPC操作履歴の記録機能などの細かな機能も備えているため、ツールの使い分けが不要だ。

Slackの同時接続ユーザー数、新型コロナの影響で2週間で250万人増

Slackスチュワート・バターフィールドCEOは3月26日(現地時間)、同社サービスへの新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響について自身のTwitterアカウントの連投ツイートで説明した。

バターフィールド氏は、「この数週間は予測不能で現実味のないものだった」とし、「何百万人もの人々が死の危険に瀕しているときに企業のCEOらしく『現在の状況がわれわれのビジネスにとって追い風になっている』などと言うのは難しい」とツイートしながらも、1月中旬からの「ワークチーム」新設数の推移グラフで、WHOが新型コロナウイルスをパンデミックと表明してからSlackへの需要が急増していることを示した。企業が作成したとみられるワークチームが3月12日から25日までの間に数百パーセント増加している。